概要に戻る
ニュース

新しいウィンターハルターPTシリーズ: 妥協を許さないパススルータイプ洗浄機


輝けるグラス、光沢のある食器、美しいカトラリー、衛生的なタンブラー。またはこれらすべてを一緒に。新しいPTシリーズはお客様のご要望に合わせて完璧に設計できるよう、異なる3種類のサイズバリエーションをご用意しています。またソフトウェアの設定により、洗浄物の種類や汚れの程度に合わせてカスタマイズすることができます。強力な洗浄システムと考え抜かれた衛生コンセプトにより、ウィンターハルターはどんな頑固な汚れでも最高の洗浄結果をお約束します。新しいS字型のウォッシュフィールドは、水を全体にムラなくすみずみにまで行き渡ります。4段階のフィルターシステムは、洗浄水を常に清潔に保ちます。洗浄圧力調整機能VarioPowerは、洗浄物と汚れの度合に応じて洗浄圧力を調整します。

PTシリーズでの洗浄は、水の消費量を抑え、エネルギーを最適に利用し、洗浄用ケミカルの投入量を節約することで、効率的な洗浄を実現します。標準装備の排水熱回収システムEnergyLightにより、排水のエネルギーは低温の給水の加熱に利用することができます。メリット:水などの資源を節約することで、最大10%のエネルギーコストを削減することができます。オプションで用意されている排気熱回収システムEnergyPlusは、庫内にある高温の蒸気のエネルギーをも再利用して、排水熱で予熱された水をさらに加熱します。これにより、エネルギーコストを最大で15%削減します。また、これにより庫内の蒸気が削減されるため、洗浄機を開けても湯気はほとんど漏れることはありません。ご要望に応じて、PTシリーズは、駆動式ウォッシュフィールド機能のドリブンシステムをオプションでお選びいただけます。標準仕様と比較して、1回の洗浄サイクルにつき0.4Lもの消費水量を削減することができます。この機能により、ランニングコストをさらに大幅に削減することができます。

「どんな過酷な状況においても簡単に洗浄することができるパススルータイプ洗浄機をお客様にお届けすることが、ウィンターハルターの使命であると考えています。この新しいPTシリーズなら、あらゆる環境において完全に信頼のおける洗浄機となることでしょう。」ウィンターハルターグループCEO兼オーナーのラルフ・ウィンターハルターが説明します。新しいPTシリーズは、CONNECTED WASHによりネットワークに組み込まれ、すべての重要なオペレーションデータをネットワーク上で評価することができます。その結果から洗浄プロセスをさらに最適化するための具体的なアクションが導き出されます。また、CONNECTED WASHはすべてのデータをログブックに記録します。このログは、HACCPに準拠したすべての衛生要件を遵守していることの証明となります。

「洗浄スタッフが不足しがちな場合、またはスタッフが頻繁に変わる場合には、洗浄機が容易に操作できることはとても重要です」と、インターナショナルプロダクトマネジャーのレオニー・ヘンゲラーは強調します。ボタン一つで操作できるスマートタッチディスプレイ、言語に依存しないわかりやすいピクトグラムを使ったユーザーインターフェースにより、洗浄作業をより簡単にします。新しいオプション機能のオートフードを使えば、ワンタッチで洗浄機の開閉ができるので、洗浄スタッフの作業負担を大きく軽減します。フードは、フードは、ディスプレイまたは、使いやすい位置に配置されたボタンにタッチするだけで自動的に閉まります。その後、洗浄サイクルが自動的に開始されます。洗浄プログラムが終わるとフードが自動的に上がり、洗浄サイクルが終了したことをお知らせします。「スタッフの方々にも喜んで使っていただけるでしょう。」とヘンゲラーは自信を覗かせます。

Cookieを使用することで、本ウェブサイト上のサービスの利用がよりムーズになります。本ウェブサイトの利用により、Cookieの使用に同意したものとみなします。 プライバシーポリシー OK